完全サポートだからトーシンパートナーズに任せて安心

住宅

経営の幅を広げるために

住宅

物件の管理をする業者

アパートやマンションの賃貸物件を所有しているオーナーに代わって、賃貸管理を行っているのが賃貸管理会社です。賃貸管理会社では家賃の一部を手数料としてオーナーからもらって、物件の共用部分の清掃などや物件周辺の清掃、入居者や退去者の事務的な管理、入居者の募集や家賃の収受業務などを行っています。本来ならば物件のオーナーがやるべき業務になりますが、これらの業務をオーナーに代わって行うことで、オーナーも楽に物件の経営を行っていくことができます。不動産屋さんがかねていることも多く、現在では賃貸管理の専門会社もできてきています。これらの専門会社を利用することで、管理にオーナーが追われることが少なくなるために、経営の幅を大きくすることも考えられるようになります。

一括借り上げもある

専門的に行っている賃貸管理会社や大手の不動産屋さんの中には、オーナーから物件を一括で借り上げている業者もあります。業者が一括で物件を借り上げると物件にたとえ入居者がいなくても、その部屋の家賃はオーナーに入ってくるように保証がされることになります。オーナーにとっては入居者がいなくても家賃を手にすることができますので、毎月安定した収入を得ることが可能になってきます。ですからアパートやマンション経営をしたいと思っている人はこの一括借り上げ制度がある賃貸管理会社に依頼して、建物管理を行ってもらっている人が多くなっています。注意をしたいのは、この一括借り上げにも手数料が必要になってくるということです。家賃の中の何%分は手数料として業者に支払わなければなりません。